忍者ブログ
         
カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
陽炎☆UP DATE
性別:
男性
職業:
SEもどき
自己紹介:
なんとか決まってほっとしてる

失業

なんとか決まってほっとしてる

畑違いの作業であっぷあっぷ

最新CM

[02/03 Edumminue]
[05/16 backlink service]
[03/21 ひろし]
[12/06 しゅみ→ひろし]
[12/06 ひろし]

 

といってみるてすと

ベースのことや、アニメ・ゲームのことなど。 意味の無い事を垂れ流しております。

[PR]

2017/11/22 (Wed) -

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


トゥルーティアーズその他について

2008/02/18 (Mon) - 日記

シゴフミ いきなりフミカ撃たれてましたね…
フミカの半身ということは精神と肉体という関係なのだろうか
ま、それよりも、トゥルーティアーズですね
いいのか?それで 仲上慎一郎!!!
乃絵はかわいい奴だけど、そんな迷ったまま行動して
これは、乃絵の今後が心配な展開ですね~
乃絵の兄ちゃんも中々意地が悪い
きっと、比呂美の気持ちに感づいてるに違いないのに
慎一郎の迷いにも気付いてるはずなのに
それを強引に押す事で行動させて乃絵に気持ちを向けさせようとしている
ような…
策士だなーと思いましたまる

以下、「文学少女」についてですが若干ネタバレ含みます

touko080215.gif
先日描いたという遠子先輩です。
第六巻「月下を孕く水妖(ウンディーネ)」の表紙を見ながら書きました。
遠子先輩は、いつもとても優しく心葉を見守っています 慈母の様に
でも、何か秘密があるようです
六巻最後にや途中に心葉の回想で遠子先輩とは
卒業式以来ずっとあってない様なことが書いてありました。
その別れは、その秘密に関係するようです
その秘密は、遠子先輩の血筋に由来するようです。
遠子先輩の微妙な変化は夏から始まっていたという事ですので
今、三巻から読み返している所です。
既に、六感は二階連続で呼んでしまいました。
初めての出来事です。
作中でも遠子先輩が語っていましたが、はじめて二回目読み返して
新しい味わいがあることを実感しました。
三回くらいは楽に読めそうな感じです。
また、コレの影響で作中に引用されている純文学にも興味が出てきました。
野村美月さんにはしてやられました。
また、イラストの竹岡美穂さんのイラストが雰囲気とよくあっていて
さらに、情趣を深めているように感じます。特に表紙が!!!
水彩(なのだろうか?)がとても綺麗です。
次回が本編は最終巻ということですが発売まで待てねェェェェェェェェェェ!!
悶えるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!

という事で
「文学少女シリーズ」著:野村美月 絵:竹岡美穂
をよろしくお願いいたします。
ちなみに、当サイトは出版社様、著者様、その他関係諸機関とは一切関係ありません。
PR

PREV HOME NEXT

COMMENTS

COMMENT FORM

TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT

TRACKBACKS

TRACKBACK URL

 
カウンター

アクセス解析
忍者ポイント広告

最新TB

OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]